スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファスティングと運動

ファスティングというと、基本的には断食をおこなうということに
なります。
ファスティングにも若干種類があったりしますが、それでも基本は
最低限の栄養などが摂取できる飲み物とミネラルウォーターだけで
過ごしていくのがファスティングです。
そういったファスティング中に運動をしていいのか、というのは
気になるところではないでしょうか?

ダイエットを行う際に運動を取り入れるというのは、大変良いことと
されています。
有酸素運動、無酸素運動それぞれ利点がありますし、それを取り入れる
目的などもあるのではないでしょうか?
また、ダイエットということでなくても、運動を習慣にすることで
健康にも良いとされているのはもう当たり前の事実と言えるでしょう。

そんな運動をファスティング中は控えたほうがよいのか?ということですが、
ファスティング中に控えておきたいのは激しい運動になります。
ファスティング中は最低限の栄養やカロリーなどは、ドリンクによって
摂取していけるかと思いますが、やはりそこまで豊富にはとれていない
はずです。
そのため激しい運動をしてしまうと、体調に異変をきたすきっかけにも
なりかねないのです。

また、ウォーキングなどをして帰ってきてみたら、異様におなかがへって
しまい、結果的にファスティングを挫折してしまった!なんてことにも
なりかねません。
こういったことを招かないためにも、運動は激しいものは控えましょう。

とはいうものの、多少の運動は効果的と言えます。
脂肪燃焼を促進してくれるのがファスティングの意義ともいえますので、
そこで筋トレなどを行うと、よりよい化と思われます。
筋肉の減少を防ぐこともできますし、ファスティングと併用をすることで
より効果が上がるといえます。
また、挫折気味の時などに行うと、自分のモチベーションをあげたり、
気を紛らわしたりすることができるかもしれません。
お嬢様酵素の効果を高める方法も紹介していきたいと思います。
スポンサーサイト

ファスティングによってがんを治す

ファスティングは様々な病気にも有効だといわれているのは
ごぞんじでしょうか?
本来ファスティングは健康な人が行うものだとされています。
健康な人が日々の汚れをだしきり、より健康になるために
おこなったり、結果として美容やダイエットのためにもなると
いうのが一般的なファスティングの認識になるのではないでしょうか?

しかしファスティングはきちんとした医学的な指導のもとに
行うことで様々な病気をなおしたり、改善をするということが
あるようなのです。

その中でも大きなものが「がん」になります。
ファスティングによってがんを治すというのは、鶴見クリニックの
院長先生、杏林予防医学研究所の山田氏などが提唱しているものに
なります。
そもそもなぜファスティングが病気や病気の予防に有効なのかというと、
いろいろな毒素が満ち溢れているからといえるからかもしれません。

農薬がたくさんつかわれている野菜であったり、抗生物質をたくさん
うたれている動物の肉であったり、こういった汚染された食品を
食べ続けることで、体の中はどんどん毒に侵されていくのです。
そして結果として、体の機能はどんどんさがっていきます。

さらに体内に食物がある状況というのは、酵素を消費する必要が
ある状況ということがいえます。
人間は酵素を作ることができるとは言われていますが、加齢に
よってそれはどんどん減少をしていきます。
そしてその貴重な酵素を、食物の消化に使うのではなく、人間の
本来の力につかうというのがファスティングにおける考え方と
言えるのではないでしょうか?
いわば、重要な酵素を節約することで、健康を維持しやすくなると
いうことでしょう。

がん治療においても、毒素がたくさん残っている体に、さらに
抗がん剤などの物質をいれてもがんとは闘えないという風に考えることが
できるかと思われます。
そこでまずデトックスでしっかりと体内の毒素をだし、自分自身の
治癒能力、免疫能力で戦っていくというのが、ファスティングを利用した
がん治療ではないのでしょうか。
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。